2019,4月

ビジネスでスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、mdmなどのモバイルデバイス端末管理ツールでの一元管理をすることが一般的です。大量のモバイルデバイス端末を管理するのは設定作業や更新作業だけでも非常に大変です。そこでApple社ではVPPと呼ばれるサービスを提供しています。VPPはVolume Purchase Programのことであり、企業などの組織がAppやブックを一括購入することで、組織内のユーザーに配布できるシステムとなっています。所属する組織を簡単に一括購入プランに登録できて、様々なカテゴリの優れたAppを活用できます。ユーザーが必要なあらゆるコンテンツを一括購入して配布します。また配布を効率的に行うこともできるので管理者の負担軽減につながります。ユーザーの手元に素早く簡単に配布できるので、Appの割り当て後も所有権は管理者が保持しているので必要に応じて取り消しや再割り当てが可能になります。

 
2019,4月

遠隔操作で中身を消すことができる操作機能を「リモートワイプ」と呼んでいます。ノートパソコンやスマートフォン、タブレットなどは携帯性に優れたモバイルデバイス端末と呼ばれる機器になります。
これらのモバイルデバイス端末は携帯性に優れており、いつでもどこでも持ち運びができるため、業務で利用されることが多くなっています。通勤途中や外勤中、在宅中などちょっとした空き時間にメールチェックやフォロー業務などを行うことができることから、多くの企業ではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入が進められています。
モバイルデバイス端末の導入時に一番気になるのが、紛失・盗難時のセキュリティ対策です。もしもモバイルデバイス端末を落としてしまったり、盗られてしまったりした場合、そこからモバイルデバイス端末内に保存してあったデータなどが全て流出してしまう恐れがあるのです。
そこで活躍するのがリモートワイプです。リモートワイプでは手元にモバイルデバイス端末がない場合でも、遠隔操作によってデータを消去することができるのでセキュリティ強化につながります。

 
2019,3月

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、モバイルデバイス端末を管理するツールであるmdmソリューションにおいてもその市場は大きくなりつつあります。
特に企業がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務用に配布する場合、IT管理者だけでは全てのモバイルデバイス端末を管理することは難しいです。
そのためそれらのモバイルデバイス端末を適切に管理、運用するためにmdmソリューションによって管理が行われているのです。企業のセキュリティポリシーはそれぞれの企業によって異なります。
企業のセキュリティポリシーに基づいたスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末設定を徹底したい企業においてはmdmによる統括管理がおすすめです。またモバイルデバイス端末を企業のポリシーに沿って適切に使用させ、その確認のためにモバイルデバイス端末の状態や使用状況、使用者を把握することが可能です。

 
2019,3月

モバイルデバイス端末を利用している企業で、mdmを企業で導入するに当たって、必要最低限のmdmの基本機能や導入に必要な基本的知識、サイバーネットが提供するmdmソリューションの使い方などを把握しておけば、簡単にそして効率よくスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入することができます。
1人1台のiPadやiPhoneなどのモバイルデバイス端末を使用して、リモートワイプやリモートロックなどの操作を覚えてしまえば、管理側の担当者の負担はそれほどありません。
mdmソリューションにはいくつかのタイプがあるものの、企業が重要視する機能や特徴を持ったmdmソリューションをモバイルデバイス端末導入に選ぶようにするとよいでしょう。
mdmを導入すれば、セキュリティ対策はもちろんですが、資産管理やアプリケーション管理なども行うことができるので、業務効率アップだけではなく、セキュリティ対策にもつながります。

 
2019,3月

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の一元管理のツールであるmdmは、大量のモバイルデバイス端末を導入する企業や組織にとっては欠かせません。
ただmdmはまだ歴史の浅いシステムになるので、多数のmdm製品がリリースされているものの、人気のないもの、本物でないものはすぐに淘汰されていくという現状があります。
数あるmdm製品の中でも今後も継続して使用していけるもの、新たなモバイルデバイス端末が登場しても素早く対応してくれるようなmdm製品を比較して選ぶ必要があるでしょう。
また稼働確認の頻度もmdm製品を比較するポイントとして重要です。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末はパソコン以上に稼働チェックが必要になってきます。mdmツールでは、モバイルデバイス端末のパスコー度を解除したタイミングで端末からmdmサーバーへ稼働している合図を送信します。またmdmサーバーからは一定間隔で稼働しているかどうかの通信を試行しており、その返事がかえってくれば稼働していることとなります。
稼働確認がとれないmdmは選ばない方がよいでしょう。

 
2019,2月

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は携帯性に優れており、業務で活用した場合、業務効率を大幅にアップさせることができます。
外出中や在宅での業務も可能になるので、働き方改革を進めるにあたっても、企業としてはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する事例が増えてきています。
モバイルデバイス端末を大量に一括導入する場合には、MDMというモバイルデバイス端末管理ツールで一元管理をすることで、効率よくそして安全にモバイルデバイス端末を管理することができます。
MDMには様々な機能が搭載されていますが、セキュリティ強化に欠かせないリモートワイプやリモートロックなどの機能があります。リモートワイプとは遠隔操作でモバイルデバイス端末内の情報を初期化する機能になります。
この機能があることで、モバイルデバイス端末を紛失、盗難された際にも外部に情報が流出しにくくなります。

 
2019,2月

ビジネスユーザーにとって、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の業務利用の効率性、利便性の向上を目的に、組織的に利用するシステムへの接続利用の要求は高まっています。
企業内ネットワークへの接続には既存システムに置ける従来のパソコンを対象としたセキュリティポリシー、権限認証によるシステム利用制限を設けているので、簡単に接続はできません。
特に外部へのモバイルデバイス端末の接続は、ハッキング、マルウェア、サイバー攻撃などの対策をしているモバイル端末管理のプログラムがあります。
それらのシステムによってスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末から接続性に制限をかけるケースがほとんどになります。mdmによって制御されたセキュリティポリシーを確保できるモバイル端末環境での接続を認める仕組みを準備する必要性があります。mdmや、モバイルデバイス端末の導入にあたってはモバイル端末管理と同様、様々な検討が必要になります。

 
2019,1月

個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用するbyodは日本においても拡大の一途をたどっています。
好きなスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末とデスクトップを仕事に使用できれば、従業員のやる気は高まり、生産性、効率性もアップします。
基本的には個人所有のモバイルデバイス端末の業務利用つまりbyodの場合でも、会社が所有するモバイルデバイス端末を業務に使用する場合でもどちらをサポートする場合にも一括したモバイルデバイス端末の一元管理が重要になります。
その時に使用できるのがmdmソリューションなのです。
mdmソリューションはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、android、iPhone、Windowsなど企業データと従業員のプライバシーをしっかりと保護できます。きちんとしたmdmソリューションで管理をしなければ、外部に情報が流出する恐れもあり、企業としてのダメージが大きくなってしまうでしょう。

 
2019,1月

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を業務で使用する場合、企業として円滑にそれらのスマートデバイス端末を管理する必要があります。
スマートデバイス端末は大量にあるとその一元管理が非常に大変になります。そこで企業側では管理しきれなくなる前に、スマートデバイス端末の一元管理をmdmツールを用いて行うことが多くなっています。
このmdmはモバイルデバイス端末管理のソリューションであり、mdmを導入することで円滑にそして、効率よくスマートデバイス端末を管理できるため、企業の負担、管理者の負担が軽減されます。
特にクラウド型のmdmは、初期導入費用がかかるず、コストパフォーマンスがよいので人気があり、初めてmdmを導入する企業にも人気があります。mdmソリューションでは、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の情報を自動的に取得して、デバイス端末やアプリケーション、ユーザーの移動情報などを一元管理します。

 
2019,1月

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用した業務システムは多くの企業で構築されつつあります。
スマートフォンやタブレットを使った業務を行うためには企業として大量のモバイルデバイス端末を従業員に支給する必要があります。
大量のモバイルデバイス端末を管理者で全て管理するというのは非常に大変です。管理しきれずに紛失、盗難時にモバイルデバイス端末内に保存してある情報が第三者に流出してしまうなどの危険性もあります。
情報流出の危険性を回避するためにセキュリティ対策を行う必要がありますが、そのためにはmdmの導入が必要になります。
mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、大量のモバイルデバイス端末を一括管理することができます。セキュリティ強化や初期導入時の設定、キッティング作業、資産管理など様々な機能があります。mdmを導入することで、より効率的にそして円滑にモバイルデバイス端末を利用することができるでしょう。