以前であれば紙ベースで説明やプレゼンテーションを行っていた企業でも近年ではより視覚的に訴えることができる動画や音声でプレゼンテーションをする企業が増えています。このプレゼンテーションの方法は紙ベースでプレゼンを行うよりも非常に効果的であり、提供する情報によってプレゼンテーションするモバイルデバイス端末を変更すると、場所を選ばずにいつでもどこでも利用することができるので効果的になります。例えばスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用すれば社外でのプレゼンテーションも効率的におこなうことができるわけです。また1つのアプリケーション複数の端末機器で利用できるように管理、設定しておけば修正内容を別の端末機器でもチェックできます。逆にそれぞれの端末機器で同じ内容が反映されていなければ使い勝手は悪く逆に不便になるでしょう。端末機器同士の同期ができるようになるためにはmdmシステムが欠かせません。Mdmシステムを導入することで端末機器の使い分けもうまくできるでしょう。