2018,2月
W

mdmの価格

in 未分類, by admin

mdmツールによるスマートデバイス端末の管理を行う場合、mdmベンターと月ごとの契約を結ぶことになります。また導入にかかる費用としては別途必要になってきますが、アカウント登録料などが必要になります、この金額はそれぞれのmdmベンターによって異なります。
またサービス利用料も1000円台でOKのものから、1台で3000~5000円程度かかるものまでさまざまです。さらに基本料金にプラスして、オプションをつける場合には、オプション費用もそれにプラスして支払わなければいけません。
またmdmを導入後も、サポート費用が発生する場合もあります。紛失時対策代行やトレーニングなど様々なサポートがついています。無料で行ってくれる場合もあれば、別途費用が必要になってくるものもあります。1台ずつの管理費は安くてもそれが何百台、何千台ともなると費用は莫大に必要です。100円違っただけでも大きな差が生じますので、mdmツールを選ぶ時には価格も選ぶ上でのポイントとなるでしょう。最新MDM 比較

 
2018,2月
W

プロファイルでしっかりと管理が可能なmdm

in 未分類, by admin

Mdmツールでスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを管理をしておけば、外部に情報が流出したり、不正使用されたりするリスクが減るため安心して使用することができます。しかし100%安全かと言われるとそんなことはありません。一般的なmdmでは管理を維持するためのmdmプロファイルがスマートデバイス利用者によって削除できるものもあります。利用者によって削除された場合、mdm管理下から離脱してしまうリスクがあるのです。しかしmdmの中には、一般的なmdm方式に加えて削除できないプロファイルでリモートワイプの実行やセキュリティポリシーの適用が独自の管理方式を提供しているものもあります。さらに用途に応じて選べるiOS向けのmdm方式であれば、iPhone、iPad、iPodなどのmdm制御方式を選択することができるものもあるのです。
またSIMの抜き取りや交換を自動で探知して、管理デバイスを強制的にロックする機能やタスクキルアプリを自動探知する設定も可能です。Ascent Networks MoDeM

 
2018,2月
W

大容量ファイルを共有できるmdmツール

in 未分類, by admin

企業でスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を導入する場合、企業が従業員に対してスマートデバイスを配布する方法と、個人所有のスマホやタブレットをビジネスで利用する方法があります。ここでは個人所有のタブレットをビジネスする方法についてまとめていきましょう。個人で所有するスマホやタブレットなどのビジネス利用(BYOD)での一括管理ができるmdmもあります。
MdmツールでBYODの管理が行えれば、大容量のファイルでも安全に共有することが可能になります。外出先や拠点メーバー、海外スタッフなどにも安全なファイル共有をすることができます。
さらにmdmツールはマルチデバイスに対応しています。iOSに限らず、androidやWindowsなど様々なマルチデバイスに対オうできるので、ビジネススピードがアップすること間違いなしです。
オフィスのパソコンからアップロードしたカタログを外出先で顧客にタブレットで提示することもできますし、効率的な営業活動、ビジネス活動が可能となります。さらにmdmにはローカルワイプ機能などセキュリティ対策が万全に整っています。参照URL