2018,6月
W

byodを導入した事例で抱える問題点とは?

in 未分類, by admin

byodを導入した企業の事例では、導入前には複数台のモバイルデバイス端末を持ち歩かなくてはならず、会社支給のモバイルデバイス端末の操作が不慣れでなかなか業務効率がはかどらないという問題点がありました。しかしbyodを導入することによって1台のモバイルデバイス端末で業務とプライベートを両方とも実施でき、慣れた端末操作で業務効率がすぐにアップし、生産性が向上するでしょう。
ただbyodを導入した企業ではこれまで以上にセキュリティ対策を考えなければなりません。
強いセキュリティ強化をしてしまうと、個人所有のモバイルデバイス端末が使用しにくいものになってしまいます。
しかしそのままbyodを許可してしまうと、何もキュリティしない状態で個人のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末やPCに会社の機密情報を格納してしまうことになります。
もしもこれらのモバイルデバイス端末の紛失、盗難が起こってしまうと、機密情報の流出リスクは避けることができないでしょう。

 
2018,6月
W

SaaS型とオンプレミス型のmdmとは?

in 未分類, by admin

mdmは、インターネット経由で必要な機能を利用できるSaaS型で提供されているケースが多いでしょう。
そのため企業や教育現場でmdmを導入するにあたって組織が改めてサーバを用意しなければならない…ということはありませんので、手軽にmdmを導入、活用できるでしょう。
mdmのメーカーによっては社内サーバを利用する従来型のオンプレミス型mdmなども用意されています。
オンプレミス型ではmdmの導入、運用には、管理担当者のそれなりの知識が必要になってしまうので、その点は覚えておきたいです。
ただそれができれば、運用後はアップデートなどを自社のタイミングで好きにおこなえるというメリットもあります。mdmを選ぶ時には、mdmサービスがそれぞれどのような特徴があるのかを比較してみましょう。
日本国内だけでもmdmサービスを提供している会社は数十社に及びます。
そのためmdmサービスの使いやすさやサービス面も考慮して決めるとよいでしょう。

 
2018,6月
W

mdmの必要性

in 未分類, by admin

mdmとはmobile Device Managementの略でありえ、モバイルデバイス管理のことを言います。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理するシステムツールのことであり、資産管理やセキュリティ管理ができる非常に有能なソリューションになっています。
企業内でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、それらをうまく活用して、業務効率を高めるためにはmdmの存在は欠かせません。例えばモバイルデバイス端末紛失時の遠隔ロック&ワイプ操作などの機能を持つmdmは、モバイルデバイス端末が抱える紛失、盗難のリスクを軽減することができます。
mdmはメーカーによってその機能や利用料はことなるので、企業にとって何を重視するかによって選ぶmdmは変わってきます。セキュリティポリシーの用件に合わせたポリシー設定を支援してくれるmdmは今後さらに需要が増えていくでしょう。