2018,8月
W

byod導入事例のモバイルデバイス端末のmdm管理

in 未分類, by admin

これまで多くの日本企業では、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は企業が支給したものを使うというのが一般的でした。しかし海外においては個人が所有するモバイルデバイス端末を業務に利用するbyodの導入事例が非常に多く、それが日常的になっており、日本においてもここ数年でbyodを導入する企業が徐々に増えてきています。
これまで企業のモバイルデバイス端末向けのソリューションとして一般的だったのがモバイル端末管理ツールであるmdmや、モバイルアプリケーション管理ツールであるmamでした。mdmはもっとも基本的な管理ツールであり、モバイルデバイス端末自体の管理に重点を置いています。
モバイルデバイス端末が盗難、紛失などにあった場合には、リモートロックやリモートワイプなどので端末を保護することができます。
mamではモバイルデバイス端末上で私用、業務用のデータ領域を分けて管理するセキュアコンテナ型による管理が行えます。

 
2018,8月
W

導入事例が増えるmdm

in 未分類, by admin

mdmは数万台を超えるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末運用にも耐えられる力があります。
大企業でもmdm導入事例は非常に多く、仮想デバイス同期機能、テンプレート機能など様々な機能が充実しています。
mdmの導入事例のあるメーカーや企業では、IT管理者の導入・運用負荷を最小限に抑えることが可能です。
mdmは一元管理可能なサービスであり、業務で利用するスマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末を遠隔から簡単に管理できます。特にIT管理者の負担になりやすい、初期設定、設定変更、新機能追加時のキッティング作業、運用監視作業などの導入、運用管理工数を抑えるなどの機能が期待できます。
高い信頼性、利便性、経済性のあるmdmは、高品質な機能を備え、携帯端末管理にかかる経費を削減してくれます。
もちろん大量のモバイルデバイス端末導入時だけではなく、デバイス10台程度の小規模ニーズでもOKです。

 
2018,8月
W

mdmとはなぜ必要なの?

in 未分類, by admin

mdmとはmovile Device Managementの略であり、モバイルデバイス管理とも呼ばれています。mdmを使用することによって、管理者が従業員のデバイス端末を一括して管理することができるソリューションなのです。会社でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が導入されている場合、多くの会社ではmdmを使用しているでしょう。
会社で支給されているモバイルデバイス端末を一括して管理することで、使用制限を設けたり、情報流出のリスクを低減することができたりします。
スマートフォンやタブレットを業務で使用した場合、そのデバイス端末内にはメールやファイルなどの重要データがいっぱい入っています。
もしも紛失、盗難されてしまった場合、情報漏えいの危険性があるため、大問題に発展することがあります。
mdmでは事前に登録しておいたデバイス端末を一括して管理することができ、不正な端末を制限することが可能なのです。