2018,11月
W

bring your own deviceのデメリット

in 未分類, by admin

bring your own deviceはbyodと略されることが多く、私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を会社の業務でも同じ私用のモバイルデバイス端末を使う方法を言います。
bring your own deviceは海外では一般的になってきているものの、日本においてはいまだにまだ知られていない部分もあります。
bring your own deviceを導入していない、bring your own deviceを認めていない企業や組織においては、bring your own deviceの規定をしっかりしていないとセキュリティリスクが高まります。
byodをみとめていない企業でもあっても、bring your own deviceに対してある程度規定を定めておいた方がよいでしょう。
bring your own deviceの最大のデメリットはセキュリティ上のリスクです。一番大きいのは情報漏えいのリスクです。個人のモバイルデバイス端末を業務に利用している状況なのでその端末を紛失してしまうと情報漏えいリスクが高まります。

 
2018,11月
W

モバイルデバイス端末を管理するmdmソリューションとは?

in 未分類, by admin

スマートフォンやタブレットは携帯性に優れており、パソコンと同様の作業ができるとあって、業務には欠かせない存在になっています。
従業員に1台ずつスマートフォンやタブレットを配布する企業も増えています。
スマートフォンなどのモバイルデバイス端末はインターネットへの接続やインターネット上でのサービス利用をユーザーにとってより使いやすいものにする一方で、企業のIT管理者側からすると考慮しなければいけない管理のポイントがたくさん増えてしまうという懸念材料もあります。
そこでスマートフォンやタブレットなどを業務で利用する場合には、スマートフォンの特徴をしっかりと把握した上で、セキュリティ面の課題などを明確にして、対策を取る必要があります。
その方法の1つがmdmソリューションの導入になります。mdmソリューションを導入することで、企業で導入したモバイルデバイス端末を一元管理することが可能になるのです。

 
2018,11月
W

モバイルデバイス端末市場におけるmdmの重要性

in 未分類, by admin

mdm市場が大きくなることで、企業や教育現場などでスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入するケースが増えています。
モバイルデバイス端末を組織で導入する場合、重要になってくるのはその管理方法です。きちんと管理できる状態を維持しなければモバイルデバイス端末は業務の効率アップになるどころから業務中の無駄な時間を増やしてしまいます。また盗難、紛失の危険性があることから、モバイルデバイス端末内のデータが第三者に流出してしまう恐れもあるのです。
そこで重要になってくるのがmdmの導入です。mdmはモバイルデバイス端末を新規で配布する時に必要な各種設定や配布後の設定変更を迅速にそして簡単に行い、大量のモバイルデバイス端末を一元管理することが可能です。
企業の情報資産に関しても漏えい、持ち出しを防ぐためにモバイルデバイス端末に機能制限を行うこともできるので、業務に必要のないカメラ機能など様々なモバイルデバイス端末の機能の使用制限も可能です。
スさん管理の側面からもモバイルデバイス端末種類やOS種類別、利用アプリケーション別にもモバイルデバイス端末を管理することが可能です。