スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は携帯性に優れており、業務で活用した場合、業務効率を大幅にアップさせることができます。
外出中や在宅での業務も可能になるので、働き方改革を進めるにあたっても、企業としてはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する事例が増えてきています。
モバイルデバイス端末を大量に一括導入する場合には、MDMというモバイルデバイス端末管理ツールで一元管理をすることで、効率よくそして安全にモバイルデバイス端末を管理することができます。
MDMには様々な機能が搭載されていますが、セキュリティ強化に欠かせないリモートワイプやリモートロックなどの機能があります。リモートワイプとは遠隔操作でモバイルデバイス端末内の情報を初期化する機能になります。
この機能があることで、モバイルデバイス端末を紛失、盗難された際にも外部に情報が流出しにくくなります。