2019,3月
W

モバイルデバイス端末管理のためのmdm市場の拡大

in 未分類, by admin

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、モバイルデバイス端末を管理するツールであるmdmソリューションにおいてもその市場は大きくなりつつあります。
特に企業がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務用に配布する場合、IT管理者だけでは全てのモバイルデバイス端末を管理することは難しいです。
そのためそれらのモバイルデバイス端末を適切に管理、運用するためにmdmソリューションによって管理が行われているのです。企業のセキュリティポリシーはそれぞれの企業によって異なります。
企業のセキュリティポリシーに基づいたスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末設定を徹底したい企業においてはmdmによる統括管理がおすすめです。またモバイルデバイス端末を企業のポリシーに沿って適切に使用させ、その確認のためにモバイルデバイス端末の状態や使用状況、使用者を把握することが可能です。

 
2019,3月
W

mdmソリューション導入にあたって必要なこと

in 未分類, by admin

モバイルデバイス端末を利用している企業で、mdmを企業で導入するに当たって、必要最低限のmdmの基本機能や導入に必要な基本的知識、サイバーネットが提供するmdmソリューションの使い方などを把握しておけば、簡単にそして効率よくスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入することができます。
1人1台のiPadやiPhoneなどのモバイルデバイス端末を使用して、リモートワイプやリモートロックなどの操作を覚えてしまえば、管理側の担当者の負担はそれほどありません。
mdmソリューションにはいくつかのタイプがあるものの、企業が重要視する機能や特徴を持ったmdmソリューションをモバイルデバイス端末導入に選ぶようにするとよいでしょう。
mdmを導入すれば、セキュリティ対策はもちろんですが、資産管理やアプリケーション管理なども行うことができるので、業務効率アップだけではなく、セキュリティ対策にもつながります。

 
2019,3月
W

mdmの比較点として信頼性は重要

in 未分類, by admin

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の一元管理のツールであるmdmは、大量のモバイルデバイス端末を導入する企業や組織にとっては欠かせません。
ただmdmはまだ歴史の浅いシステムになるので、多数のmdm製品がリリースされているものの、人気のないもの、本物でないものはすぐに淘汰されていくという現状があります。
数あるmdm製品の中でも今後も継続して使用していけるもの、新たなモバイルデバイス端末が登場しても素早く対応してくれるようなmdm製品を比較して選ぶ必要があるでしょう。
また稼働確認の頻度もmdm製品を比較するポイントとして重要です。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末はパソコン以上に稼働チェックが必要になってきます。mdmツールでは、モバイルデバイス端末のパスコー度を解除したタイミングで端末からmdmサーバーへ稼働している合図を送信します。またmdmサーバーからは一定間隔で稼働しているかどうかの通信を試行しており、その返事がかえってくれば稼働していることとなります。
稼働確認がとれないmdmは選ばない方がよいでしょう。