ビジネスでスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、mdmなどのモバイルデバイス端末管理ツールでの一元管理をすることが一般的です。大量のモバイルデバイス端末を管理するのは設定作業や更新作業だけでも非常に大変です。そこでApple社ではVPPと呼ばれるサービスを提供しています。VPPはVolume Purchase Programのことであり、企業などの組織がAppやブックを一括購入することで、組織内のユーザーに配布できるシステムとなっています。所属する組織を簡単に一括購入プランに登録できて、様々なカテゴリの優れたAppを活用できます。ユーザーが必要なあらゆるコンテンツを一括購入して配布します。また配布を効率的に行うこともできるので管理者の負担軽減につながります。ユーザーの手元に素早く簡単に配布できるので、Appの割り当て後も所有権は管理者が保持しているので必要に応じて取り消しや再割り当てが可能になります。