2018,12月
W

Android端末管理に必須のmdm

in 未分類, by admin

AndroidやiPhoneあど多数のデバイス端末のスマートフォンやタブレットが市場に出回っています。企業がAndroidやiPhoneを業務で使用するために、従業員に配布、支給する際に欠かせないのがそれらのモバイルデバイス端末の一括管理です。
一括管理の上で重要となってくるのが、管理ツールmdmになります。mdmはモバイルデバイス管理ツールの略であり、英語ではmobile device managementのことを言います。現在企業ではiPhoneやandroid、WindowsやiPadなど様々な端末の普及が本格化しています。それらの最先端のモバイルデバイス端末を安全に活用して、効率的に使用するためにはしっかりとした管理を行わなければなりません。
効率的に管理するための必須ソリューションとして企業で導入されているのがmdmなのです。
mdmを利用すれば、androidを導入する際の初期設定なども全て一括して行ってくれるので、IT管理者の負担が最小限に抑えられます。
また同じ設定にしておくことで、無駄な使用を防ぎ、業務の効率化を図ることができるでしょう。

 
2018,12月
W

mdm市場拡大に伴うmdm製品の淘汰

in 未分類, by admin

mdm市場の拡大はここ数年で大きくなりました。今後あと数年で、その市場は私達の想像のはるか上をいき、驚くほど拡大しているかもしれません。
激化するmdm市場の競争の中、淘汰されないmdm製品と、淘汰されてしまうmdm製品があります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、mdmは欠かせない存在となりつつあります。
その中でもmdmの製品によって機能や特徴、価格設定などは異なります。企業が求める機能が充実しているmdm製品が求められます。
特にマルチデバイス端末に対応しているmdmは人気があります。企業によってはiPhoneやandroid、Windowsなど様々なマルチデバイス端末を業務に導入しているケースも実は多いです。
そのため、1つのデバイス端末にだけ対応しているmdmの場合、全てのモバイルデバイス端末に対応できない…というケースが出てしまうのです。
mdmを導入する場合には、マルチデバイス対応のmdmがおすすめです。

 
2018,11月
W

bring your own deviceのデメリット

in 未分類, by admin

bring your own deviceはbyodと略されることが多く、私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を会社の業務でも同じ私用のモバイルデバイス端末を使う方法を言います。
bring your own deviceは海外では一般的になってきているものの、日本においてはいまだにまだ知られていない部分もあります。
bring your own deviceを導入していない、bring your own deviceを認めていない企業や組織においては、bring your own deviceの規定をしっかりしていないとセキュリティリスクが高まります。
byodをみとめていない企業でもあっても、bring your own deviceに対してある程度規定を定めておいた方がよいでしょう。
bring your own deviceの最大のデメリットはセキュリティ上のリスクです。一番大きいのは情報漏えいのリスクです。個人のモバイルデバイス端末を業務に利用している状況なのでその端末を紛失してしまうと情報漏えいリスクが高まります。

 
2018,11月
W

モバイルデバイス端末を管理するmdmソリューションとは?

in 未分類, by admin

スマートフォンやタブレットは携帯性に優れており、パソコンと同様の作業ができるとあって、業務には欠かせない存在になっています。
従業員に1台ずつスマートフォンやタブレットを配布する企業も増えています。
スマートフォンなどのモバイルデバイス端末はインターネットへの接続やインターネット上でのサービス利用をユーザーにとってより使いやすいものにする一方で、企業のIT管理者側からすると考慮しなければいけない管理のポイントがたくさん増えてしまうという懸念材料もあります。
そこでスマートフォンやタブレットなどを業務で利用する場合には、スマートフォンの特徴をしっかりと把握した上で、セキュリティ面の課題などを明確にして、対策を取る必要があります。
その方法の1つがmdmソリューションの導入になります。mdmソリューションを導入することで、企業で導入したモバイルデバイス端末を一元管理することが可能になるのです。

 
2018,11月
W

モバイルデバイス端末市場におけるmdmの重要性

in 未分類, by admin

mdm市場が大きくなることで、企業や教育現場などでスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入するケースが増えています。
モバイルデバイス端末を組織で導入する場合、重要になってくるのはその管理方法です。きちんと管理できる状態を維持しなければモバイルデバイス端末は業務の効率アップになるどころから業務中の無駄な時間を増やしてしまいます。また盗難、紛失の危険性があることから、モバイルデバイス端末内のデータが第三者に流出してしまう恐れもあるのです。
そこで重要になってくるのがmdmの導入です。mdmはモバイルデバイス端末を新規で配布する時に必要な各種設定や配布後の設定変更を迅速にそして簡単に行い、大量のモバイルデバイス端末を一元管理することが可能です。
企業の情報資産に関しても漏えい、持ち出しを防ぐためにモバイルデバイス端末に機能制限を行うこともできるので、業務に必要のないカメラ機能など様々なモバイルデバイス端末の機能の使用制限も可能です。
スさん管理の側面からもモバイルデバイス端末種類やOS種類別、利用アプリケーション別にもモバイルデバイス端末を管理することが可能です。

 
2018,10月
W

モバイルデバイス大量導入に欠かせないmdm

in 未分類, by admin

企業ではノートパソコンやタブレット、スマートフォンなどたくさんのモバイルデバイス端末が導入されています。モバイルデバイス端末を導入して業務を行うことで業務効率アップにつながります。
また会社以外の場所でもいつでもどこでも仕事ができるので在宅などでの仕事も可能になり、ライフワークに合わせた働き方が可能になるでしょう。
ただ企業としては大量のモバイルデバイス端末を導入するのは大変だというイメージが強いです。
モバイルデバイス端末の大量導入で一番ネックとなるのが初期設定です。初期設定の面倒くささが企業にとってモバイルデバイス端末導入の足かけとなってしまっているのです。
そんな時にぜひ利用したいソリューションがmdmです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことです。
mdmを導入することでモバイルデバイス端末の一括管理がスムーズに行えるようになるでしょう。mdmは初期設定の煩雑さを解消してくれる優れた管理ツールです。

 
2018,9月
W

mdm導入時にはサービス拡張性が可能な製品を選ぼう

in 未分類, by admin

スマートフォンやタブレットを円滑に一括管理するためのソリューションとして主流となっているのがmdmです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、mdmで一括管理することでスマートフォンやタブレットはセキュリティ強化されながら安心して業務で利用できるのです。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する時と、導入した後で利用用途が変わることはよくあります。
この利用用途が変わった場合、機能の追加などが必要になってきますが、この機能の追加が容易にできるかどうか?はmdmを選定する際に確認しておきたいポイントと言えます。
現時点では必要最低限の機能だけでOKという企業も多いですが、いつその利用用途が変わるかはありません。変わった時にすぐに対応できるようなmdm製品を選んでおくと、導入後の設定変更がスムーズに行えるでしょう。特にアプリやコンテンツなどの管理が必要になった時に、mdmだけに対応しているものではなく、mamやmcmに対応しているmdm製品を選んでおくとよいでしょう。

 
2018,9月
W

Apple DEPのサービス内容とは?

in 未分類, by admin

Apple DEPとは、apple device enrollment programの略であり、法人のお客様向けに販売するiPhoneやiPadにおいて、apple社が提供するサービスプログラムのことを指します。
法人で購入されたiPhoneやiPadなどのモバイルデバイス端末においては、Apple DEPを利用することでより管理がスムーズに行えるようになるのです。
Apple DEPはapple社が提供するデバイス導入支援サービスであり、モバイルデバイス端末を導入する際の初期設定時に自動でmdm登録を実行したり、登録されたmdmを利用者が削除できないようにすることができるサポートプログラムになります。
Apple DEPにかかるサービス利用料、初期費用は一切かからず無料で利用できるので非常に便利です。Apple DEPを利用する際には、Apple DEPへの登録が必要になります。
初期設定時にmdm設定が自動で実行されるので、キッティング作業を簡易化したい企業にはぴったりのサポートサービスと言えるでしょう。

 
2018,9月
W

androidを円滑に管理するための端末管理ツール

in 未分類, by admin

業務でスマートフォンやタブレットを使用するためにandroidやiPhoneなどのモバイルデバイス端末を企業として導入した場合、業務効率を上げるためにモバイルデバイス端末管理の管理が重要になります。
きちんと管理できていない状態で、従業員にandroidなどのモバイルデバイス端末を支給してしまうと、不正使用などにつながり、モバイルデバイス端末を導入したことにより業務の効率が低下してしまう恐れがあります。
android端末を安全に保つためには、モバイルデバイス端末でのWi-Fi、カメラ、Bluetoothなどの使用を設定するとよいでしょう。
モバイルデバイス端末の機能を制限することで、業務に必要のない機能が使えなくなるため、不正使用を未然に防ぐことができます。
またGPS機能を利用すれば、モバイルデバイス端末の居場所なども分かるのでしっかりと管理することができるでしょう。mdmソリューションはandroid管理に欠かせません。

 
2018,8月
W

byod導入事例のモバイルデバイス端末のmdm管理

in 未分類, by admin

これまで多くの日本企業では、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は企業が支給したものを使うというのが一般的でした。しかし海外においては個人が所有するモバイルデバイス端末を業務に利用するbyodの導入事例が非常に多く、それが日常的になっており、日本においてもここ数年でbyodを導入する企業が徐々に増えてきています。
これまで企業のモバイルデバイス端末向けのソリューションとして一般的だったのがモバイル端末管理ツールであるmdmや、モバイルアプリケーション管理ツールであるmamでした。mdmはもっとも基本的な管理ツールであり、モバイルデバイス端末自体の管理に重点を置いています。
モバイルデバイス端末が盗難、紛失などにあった場合には、リモートロックやリモートワイプなどので端末を保護することができます。
mamではモバイルデバイス端末上で私用、業務用のデータ領域を分けて管理するセキュアコンテナ型による管理が行えます。